家庭教師の選び方次第で受験対策がキマる!

どこまでも抜かりなく

受験は受験勉強から、願書の提出まで抜かりなく準備をしなくてはいけないものです。だからこそ、合格のキップを掴むまでは気が抜けません。まずは準備の仕方を学んで抜かりない受験をしましょう。また、大学受験の対策にと家庭教師の手を借りるのであれば選び方を知っておくこと、選ぶ際に迷わずにすみます。

家庭教師の選び方

得意としてる教科であるか

家庭教師にも数学や社会が得意などさまざまです。そのため、家庭教師を選ぶ時は習いたい教科を得意としている家庭教師を選ぶようにしましょう。また家庭教師は個別指導として詳しく疑問点等を質問出来るので、苦手科目を習う時間にすると良いですね。

体験を利用してみる

お試しで体験が出来るのであれば、まずは教え方や相性などが合うか試してみるのも良いですね。家庭教師の口コミサイトなどを参考にして家庭教師を揃えている業者を比較して選んでみると良いですね。お試しコースがなくても、日払い制などの家庭教師を選ぶようにすれば良いでしょう。

意見を聞いてみる

家庭教師をお試しで選んだ際には、勉強後にお子さんに感想や意見を聞いてみましょう。相性が合わない先生をつけていても時間が勿体無いので、教え方や相性が良い先生を選ぶようにすることが大切です。

具体的目標を出してもらう

家庭教師は塾と違って短期間での結果が求められます。そのため、具体的な目標を子供と話し合ってもらい目標を出してもらうことが大事なポイントです。東京の家庭教師を比較するサイトがあるので、探している方は参考にしてみると良いですね。

家庭教師の選び方次第で受験対策がキマる!

文房具

私立大学と国立大学の入試日程

大学受験を控えている受験生にとっては人生そのものですから、本命の志望大学からすべり止めまで入念に試験日程をチェックしているものですよね。まだ日程の順番を知らない方は最低でも順番を覚えておくようにしましょう。入試日程としては、国立大学より私立大学の方が早いです。

複数の大学受験

大学受験は本命一本だけの受験というわけにはいきませんよね。だからこそ複数の受験をしている人がほとんどだと思います。受験の併願は出来るので、願書提出の準備などに漏れがないように気をつけましょう。また、本命の大学の受験は最初の方で受けるようにするのもポイントのひとつです。

勉強も準備も万全にしよう

受験生にとって大変なのは、受験勉強をひたすらやりたくても、大学の願書提出などまで自分で準備しなくてはいけないことです。せっかく勉強を頑張っていても、願書提出等が出来ていないと受験出来ないので準備も抜かりなくゴールまで走り続けましょう。

広告募集中